INFORMATION


TheIsl


O Moana Akana ko'u inoa. My mo'opuna, Nahoa, is indeed very happy to be a part of your halau, Ke Kula Mele. Nahoa is very shy and lacks self confidence. Always loved music, especially, Hawaiian music and playing the ukulele. What has these sessions done for Nahoa?
A lot, because he now sings and plays with confidence.
Also, learning 'olelo Hawai'i through music is so crucial to the survival of our Kanaka Maoli. I highly recommend taking ukulele lessons and all lessons from you.

Mahalo Ke Akua,


Moana
Grandparent of student


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ紹介
アレン・アカカ 
ケクラメレ・ハワイ・オ・アカカ主宰 音楽学士、教育管理者修士
彼の高校生から始められたミュージックキャリアは音楽のみならず、教育の分野においても成功を収めている。彼は22年以上にわたりハレクラニホテルのステージを続け、現在のマリオットホテルのステージはすでに12年以上に渡っている。またカフク中学、カフク高校、ハワイ大学ラボスクール、カメハメハ中学、カメハメハ高校で教鞭を振るった他、カメハメハスクール・パフォーミングアートアカデミーではディレクターを、ハワイアンスティールギターアソシエーションでは会長を務めるなどした。カメハメハ中学校ではナオピオシンガーズ&ハワイアンアンサンブルを発足。ハワイ州の文化&芸術推進プログラムであるフォーク・アーツ・アプレンティスシップではマスター・トラディッショナル・アーティストを務めた。
KGMBのホットハワイアン・ナイツ、KHONのモーニング・ニュース、PBSのハワイアン・トレジャース、オレロテレビのホオル・ラフイ・アロハ、KSSKのペリー&プライス・ショー、ハワイアン105KINE、AM940のナオイ・ヴィオリノなど多数のテレビやラジオに出演、また日本航空機内エンターテイメント放送にも登場している。
ハワイアン・ミュージックエデュケイター・アソシエーションやハワイ・アソシエーション・オブ・ティーチャーズ・オブ・ジャパニーズ、
alansmiles
ハワイアン・スティールギター・アソシエーション等でも音楽と教育についての講演を行っている。 また彼はシカゴ新聞、ロサンジェルス・タイムス、ホノルル新聞、スター・ブリテン新聞、ミッド・ウィーク新聞、ハワイマガジン、AAA社のウェストウェイズ等でも取り上げられている。ケネディセンターで特別公演が催された他、クリントン元大統領の眼前で演奏を捧げた。2009年にはワシントンDCで行われたオバマ大統領就任記念ハワイステートソサエティの晩餐会で演奏の他、総合司会を担当した。
michiko

アカカ・ミチコ
ケクラメレ・ハワイ・オ・アカカ 共同ディレクター、医師(内科、統合医療)
名古屋市内にて内科クリニック開業後、ハワイに生活の拠点を移し、現在、夫のアレンアカカとオアフ島カイルア在住。自身も音楽好きであり、アメリカンミュージックテラピー協会に参加、音楽の及ぼす各種効果のリサーチも行っている。エンターテイナーは同状況下で、”ヘルシーな思考”を持つ傾向があり、ステージ上での”自己表現の成功”を可能にしていることを検証。日本では音楽バンドに加わったり、フラコンサートに参加したりしたほか、ウクレレやキーボードを学び、現在はスラックギターも楽しむ。ケクラメレのプログラムでは音楽を学ぶことのほか、音楽のある暮らしやステージにたつ効果を伝えながら、オフィス11では個別カウンセリングも行っている。

エドワード・プヌア
”スティール・ザ・ワン・プログラム”(カウアイ島スチールギタークラス)の共同コーディネーター。公認会計士。ハワイ大学マノアキャンパス卒業。現在、カウアイ島にて会計事務所運営。バニー・アイザックのもとで音楽を学び、カウアイ島をはじめ、韓国、日本、香港、タヒチ、アメリカ本土などで、7歳の頃より音楽活動を続けている。
彼の家族が行っていたポリネシアン・ショーやルアウ(ヴィクター・プヌア・ポリネシアン・レヴュー)が、彼の幼少期の音楽教育に多大な影響を与えた。
ポリネシアン音楽のステージを積み重ねることで、ミュージシャンとして、またパーカッション奏者として、多くの経験を身につけた。また、母、クムフラ・クウレイ・プヌア(50年以上に渡り、カウアイ島でフラを指導)から指導者としての経験も学んだ。

michiko